スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
Entry: main  << >>
「息子、生きる価値ない」と容疑者の父 富田林・ひき逃げ

 「息子には生きる価値がない」。大阪府富田林市で16日未明に起きたひき逃げ事件で、逮捕された市川保容疑者(41)の父親(71)が17日午前、河内長野市内の自宅前で報道各社の取材に応じた。今年6月に飲酒運転で検挙された市川容疑者は、罰金を父に肩代わりしてもらい、叱責(しつせき)を受けていた。その直後に引き起こされた惨劇に父親は「被害者に謝りに行きたい」と改めて謝罪した。

 「絶対に飲んだら車で走るな。自分の身を滅ぼすんやから」。父親は、家で市川容疑者と会うたびにこう繰り返していた。先月に起きた大阪・梅田のひき逃げ事件のニュースが頭から離れなかったからだという。

 市川容疑者は今年6月中旬に酒気帯び運転で摘発され、罰金50万円の略式命令を受けた。支払期限は今月7日だったが、一向に支払う気配がなかったため、父親が肩代わりしたという。

 その際にも「今後一切このようなことをするな」と念を押したが、市川容疑者は「分かっている」と言ったきり黙りこんだ。「夏の飲酒運転以降はずっと早く帰ってきていたので、もう大丈夫だと思っていたのに…」。父親は悔しさをにじませた。

 息子が逮捕された16日は午前8時45分ごろに3人の警察官が自宅を訪れ、「市川さんですよね。近くの駐車場に止まっている白い軽ワゴン車はおたくのですか?」と尋ねられた。父親は「お前何かしでかしたのか」と2階の自室ベッドで横になっていた市川容疑者に問いかけたが、無言のまま同行されていったという。


この記事は下記より引用しています。
「息子、生きる価値ない」と容疑者の父 富田林・ひき逃げ (2008年11月17日 12:55 iza)
| blog-news2 | 12:38 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 12:38 | - | - | pookmark |

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Search

Entry

Category

Archives

Link

Feed

Profile

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode

Sponsored Links